人材について

目次

台湾での人材採用方法

jinnzai icon

台湾は日本語人材が豊富で、募集方法を工夫することで、日非常に優秀な人材を採用することが可能です。

台湾での主な人材採用の方法は下記4つあります。

①ネットの人材銀行への広告掲載
②日系の人材紹介会社への依頼
③個人的なネットワークからの紹介
④SNS・掲示板での声掛け

①ネット人材銀行への広告掲載

台湾の就職活動者の多くが、ネットの人材銀行を使用しています。
・104人力銀行 http://www.104.com.tw/
・1111人力銀行 http://www.1111.com.tw/
・518人力銀行 http://www.518.com.tw/
・yes123求職網 http://www.yes123.com.tw/

などが有名です。

企業側は、毎月数千元の広告費を支払うことで、人材募集要項を掲載することができます。いずれも就職活動中の人材を詳細にソートする機能が豊富で、企業側から詳細な条件で適当な人材を探し、アプローチをかけることもできます。
ただ、貴社の募集水準以下の方からの問い合わせも多くあったり、人材探索と個別に連絡をするのは想像以上に工数がかかります。

②日系の人材紹介会社への依頼

日本語が話せる人材の多くは、日系企業に就職することを目的として、日系の人材紹介会社に登録している人が多いです。

パソナ http://www.pasona.com.tw/
インテリジェンス http://jp.inte.com.tw/
178人力銀行 http://www.job178.com.tw/

などがあります。
いずれも成功報酬型で、採用時に月給の2-3か月分が相場となります。

③個人的なネットワークからの紹介

従業員からの紹介や知人の紹介といった形で採用することもよく見られます。
無料で採用ができるのが大きなメリットですが、人材が不適切だったと後でわかりトラブルになるケースもあります。
知人や友人の紹介であったとしても、きちんと面接をし、しかるべき手順で採用することをお勧めします。

④SNSや大学の掲示板での声掛け

大学の掲示板

SNSや大学の掲示板に人材募集について掲示することで、人材を探すことができます。費用が掛からないことが最大のメリットです。大学によっては、ワーホリできている日本人を採用できることがあります。ただしこの場合は中国語は期待できませんので、日本語メインの仕事を任せる形になります。短期的なアルバイトの募集にも向いています。




LinkBiz台湾の台湾会社設立申請代行サービス

LinkBiz台湾では現地公認会計士とタッグを組むことで低価格でありながら、100%日本語サービスで台湾会社設立サポートを提供しております。人材募集についてご質問ございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。

お問合せ

台湾での人材採用は、どういった人材を求めるかによって適切な手段が大きく変わってきます。とくに給与設定や評価、福利厚生の内容が台湾の週刊からずれてしまうと、ほしい人材が全く集まらなくなります。web上の情報はあくまでも一般的な情報ですので、より詳細な情報をご要望の方は、無料相談からご連絡ください。

お問合せフォーム:
人材について、質問してみる