Top / 台湾法人・会社設立

台湾会社設立

台湾の会社設立・法人設立でお悩みですか?

LinkBiz台湾の台湾会社・法人設立サービス

LinkBiz台湾は台湾会社・法人設立のサービス開始から、すでに100件以上の台湾進出案件に携わってきました。

取り扱ってきたジャンルは幅広く飲食、美容、食品貿易、IT、製造業と様々です。

口座開設に始まり、住所登記、店舗探索、居ぬき物件交渉、設備購入、人材募集、雇用契約締結、労務実務、貿易実務(貿易に必要なライセンスはもちろん商品毎の輸入許可の取得、中文ラベル作成など)、営業項目によっては営業認可の取得、そして台湾での商標登録など、台湾で起業するにおいて、おおよそ必要となる作業はほぼ自らの手で、実務レベルで対応してきました。だからこそ先の先まで見通したサービス提供をすることができます。

登記が完了したら終わりというサービスではなく、お客様が台湾でしっかりと根はり、太い幹が育ち、花が咲かせるまでサポートさせていただきます。

そのためには事前準備が大切です。情報はあればあるほど良いと思っています。
これからも積極的に情報発信をしてまいりますが、ピンポイントでご質問などございましたら、是非お気軽にLinkBiz台湾までお声掛けください。

台湾会社設立について質問してみる

台湾会社設立(台北、台中、高雄)

会社形態について

資本金について

スケジュールについて

設立費用について

登記住所について

準備書類について

税について

人材について

問い合わせ

台湾会社設立の際の会社形態

台湾で会社設立する場合、
まずその進出形態から考えます。
進出形態は、一般的に下記の4種類があります。

台湾会社設立の際の資本金

台湾で会社設立をする方から、
資本金をいくらにすればいいでしょうかという質問をよく受けます。

資本金を決めるうえで、下記4つの視点が必要になります。

台湾会社設立の際のスケジュール

台湾で会社設立をする場合のスケジュールは
どのように設計するのがよいでしょうか?

ここでは、台湾での会社設立の流れをフローチャートで紹介します。

台湾会社設立の際の設立費用

台湾での会社設立のする場合に
どれくらいの費用を見込んでおくべきでしょうか?

ここでは台湾会社設立コストの相場観についてご説明します。

設立にかかる費用は大きく分けて、イニシャルコストと維持コストに分かれます。

台湾会社設立の際の登記住所

台湾では会社設立する場合には必ず登記住所が必要でになります。

日本のように住宅であれば、どこでも登記できるという訳ではないので注意が必要です。
せっかく登記住所として賃貸契約した場所が、実は登記できなかったということが起きないようにご注意ください。

台湾会社設立の際の準備いただく書類

台湾会社設立の際の準備いただく書類は
会社形態毎に異なります。
事前にご用意いただくことで設立スケジュールの短縮が可能になります。

台湾会社設立の際の税

台湾会社設立の前に、
税についても調べておく必要があります。

ここでは台湾の税の中でも

・法人税
・営業税
・所得税

について説明します。

台湾会社設立の際の人材

台湾で会社設立する際には、
設立後どのようにして人材を募集するかも考えておく必要があります。
台湾は日本語人材が豊富で、募集方法を工夫することで、日非常に優秀な人材を採用することが可能です。

台湾での主な人材採用の方法は下記4つあります。

台湾会社設立について質問してみる

台湾会社設立物語

台湾会社設立物語

台湾であなたの会社を設立してみませんか?
台湾で会社設立したい方にとって必見の情報を掲載しています。

第一回 「開業まで何日?」
第二回 「会社設立代行手数料っていくらなの」
第三回 「外国で働くためには、ビザがいる。」
第四回 「就労ビザって必要なの?」
第五回 「就労ビザって誰でもとれるの?」
第六回 「オフィスやお店を借りてみる その1」
第七回 「オフィスやお店を借りてみる その2」
第八回 「オフィス・店舗の設備導入」
第九回 「人材採用費用について その1」
第十回 「人材採用費用について その2」

台湾会社設立Q&A

台湾での会社設立に関する質問募集中:
台湾で会社を設立するにはどうすればいいの?
LinkBiz台湾に実際にお問い合わせのあった「よくある質問」に
台北在住、経験豊富なLinkBiz台湾のコンサルタントがお答えします。

本サイトに掲載された情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、本サイトおよび運営担当は一切責任を負いませんのでご注意ください。
当サイトを介したインターネットのブラウジングは利用者の責任において行ってください。